お知らせ 

夏バテからの回復
9月になってもこの暑さ・・今年の夏は厳しいですね・。でもそろそろ夏バテから体を回復させていかなければいけません。朝夕はすこーし凌ぎよくなったでしょうか。外へ出てみてください。冷房下ばかりでいた方は少しづつ体を外気温にならしていきましょう。乱れていた自律神経のバランスを整えていきましょう。睡眠はしっかりとってください。疲れている上に睡眠不足は体調を崩しやすくなります。バランスよく栄養を取ってください。ビタミンやたんぱく質も必要です。シャワーばかりで済ませていた方はぬるめの湯船に浸かってみてください。老廃物排出し、疲労回復、筋肉の緊張が緩和して心身のリラックスにもなります。
湿度と体調
蒸し暑い日が続きますね。梅雨時期は不快指数が高くカビやダニも発生しやすくなります。
発汗しても湿度が高いと気化しにくくなり、汗は体にまとわりつき逆に体温が下がりにくくなります。これも熱中症を起こしやすい要因のひとつです。汗をかいたら早い目にふき取るなど処置が必要です。
梅雨時期は消化も悪くなりがち、体調管理に気をつけなければなりません。冷たいものをたくさん取らないこと、消化酵素を含んだ大根,ブロッコリー又発酵食品の納豆なども摂りましょう。
お体をくれぐれもおいといくださいね。
「風薫る5月」と運動
 風が心地よく,爽やかな季節となってきました。寒い時期、家の中でくすぶっていた方も戸外へ出て行きやすくなってきましたね。
気持ち良い日もありますが、山や海にお出かけの方は天候の変化に気を付けなければなりません。
“熱中症”にも注意が必要です。
5月とはいえ、暑い日も多くなります。7月や8月の真夏と比べ、少し低い気温・湿度でも熱中症になります。
熱さに慣れていないため、上手に体が気温の変化に適応できないからです。特にお年寄りや子供さんは要注意です。
軽い運動からはじめ、少しづつ体を慣らしていきましょう。
もちろん適度な水分補給も必要です。
周囲の方に惑わされない、自分のペースで、ゆっくりと!・・これが私からのアドバイスです。
“春”です
卒業式、桃の節句・・・と春の行事が続きます。
春を迎えることはとてもうれしいものですが、急激な寒暖の差は体にとってストレスになります。体調が崩れやすく、精神的に不安定になることもあります。
「木の芽時(コノメドキ)」は注意しなければなりません。ご自分のペースで、無理に周囲にペースを合わせるのでなく体調を整えていきましょう。
漢方薬も効果があるものがあります。またご相談ください。
新年あけましておめでとうございます。
 新年あけましておめでとうございます。
旧年中はいろいろお世話になりました。
新しい建物になりこの三月で一年を迎えます。皆様から頂いたご指導を活かし今後も地域医療に貢献したいと思います。
 本年もよろしくお願いいたします。
                            城東整形外科内科
                                 院長  岡田祐司
                                 副院長 岡田博子
                                  
寒くなってきました
 寒くなってきましたね。あの暑い夏から秋を飛び越して冬が訪れた感じです。体のバランスが崩れやすい季節です。冷え症・自律神経失調症・低血圧・貧血症などの方は元気を取り戻さなければいけません。「寒邪」は、東洋医学では冷えのことです。関節が痛かったり、疲れやすかったりすることもあるでしょう。鎮痛剤や安定剤を飲んだりするよりも、まずは自分で体のエネルギーを蓄えましょう。水分の摂りすぎは良くありません。たばこは控えましょう。根野菜を食べること。日常生活に運動を取り入れましょう。エレベータじゃなく、階段を使いましょう。スクワットもいいでしょう。あきらめないで!まずは自分でできるものから始めてみましょう。
蒸し暑い日が続きます・・・・
 蒸し暑い日が続きますが、皆様お変わりございませんか。
 新しい建物に移りはや4か月が過ぎました。
 私供もやっと慣れ、ようやくスムーズに診療ができ皆様方にご迷惑をおかけすることが少なくなったと思います。
 今年の夏は本当に暑いですね。皆様の体調はいかがでしょうか?熱中症は水分摂取はもちろん必要ですが、熱のこもらないような環境も必要です。冷房下ばかりでいてはいけないし、少し汗をかくことも大切です。又睡眠をとることや体を休めることも必要です。
何か困ったことがあればいつでもご相談ください。
 この夏、元気でお過ごしくださいね。