お知らせ 

2010年 今年もお世話になりました
  今年も残すところわずかになりました。
 こうして最近ニュースに書き込む時間を忘れる毎日でした。
 反省しています。

 改めて・・
  皆様いろいろお世話になりました。
  いたらぬことも多々あったと思います。
  皆様方、地域の方に支えられ今年も暮を迎えることになりました。
  
  患者様と私たち職員、何でも話し合いながら、治療を行う大切さを痛感しております。
  より良い信頼関係を築くべく精進してまいります。
  
  来年もよろしくお願いいたします。

  おかぜなど召しませぬよう良い新年をお迎えください。
                   城東外科職員一同
梅雨明けです
うっとうしい梅雨空とやっとおわかれでしょうか?
少し忙しい日が続き、ニュースの書き込みができていなかったことをお詫び申し上げます。
皆様おかわりございませんか?お伺い申し上げます。
あっという間に夏です。
冷房下ばかりでなく、自然のかぜにも体を慣らしていきましょう。
水分摂取も必要です。
時には電解質のはいったものも必要です。
疲労感を感じるならば漢方の“補剤”を試してみてください。
疲れの原因“気力の気”を補うことができますよ!
暑さに負けず、この夏を乗りきりましょう!!
知っている?たまねぎの皮の力
いよいよ春ですネ。
スーパーにたまねぎがたくさん出ています。
昔 高松日赤に勤めていた頃、患者さんからたまねぎの効能の話を聞かされたものです。
高松は民間療法の盛んな街・・・・意外や意外でしょ。!!
たまねぎの皮に不思議な力があるようです。捨てているアノ皮です!!
たまねぎの皮にはカルシウム・ミネラルが豊富です。血糖や血圧を下げる力もあります。
5gぐらいを300ccの水から煮たせて半分ぐらいになったらできあがり。
冷まして何回かに分けて飲んで下さい。
免疫力をつけよう
若者に新型インフルエンザが流行った原因に免疫力の低下が一因と言われています。
免疫力って何でしょう。
免疫力とは体内に侵入してきたウィルスなどから体を守る力です。
では免疫力を高めるにはどうすればいいでしょう。
睡眠をとる、適度な運動、緑黄色野菜をとるなどいろいろあります。
漢方薬にも補中益気湯・人参湯など免疫力を高めるものがたくさんあります。
最高の薬は“笑うこと”ですよ!
かぜの漢方薬
葛根湯は漢方の風邪薬として有名ですよね。
でも かぜの症状によって漢方薬も使い分けが必要です。
葛根湯以外にも香蘇散、桔梗石膏湯,参蘇散、麻黄湯、麻黄附子細辛湯 桂枝湯など風邪に効く漢方薬があり、それぞれ特徴があります。
インフルエンザや肺炎などは漢方薬だけでなく抗ウイルス薬や抗生物質が必要です。
自分に合った薬をみつけましょう。 
お知らせ
漢方内科の看板をつくりました。
少し派手?と思われる方もいらしゃるかもしれません。
これは桔梗の花です。本来はやさしい紫色の花ですが、壁色の関係でピンクにしました。
いかがでしょうか?

桔梗は根に薬用があります。
去痰・排膿など呼吸器の疾患に効果があります。
事業仕分けの結果、漢方薬が保険で使える!!ご署名ありがとう。お礼申し上げます!!
行政刷新会議の事業仕分けで漢方の保険はずしの案件があがり 反対の署名活動をいたしました。
皆様のおかげで約3週間(12月12日の時点)で92万人もの御署名をいただきました。
12月22日には今までどうりの漢方薬の保険適応が決まっております。
たくさんのご署名誠にありがとうございました。