機能強化加算について・・・・・当院の取り組み
【当院は「かかりつけ医」して、必要に応じて次のような取り組みを行っています。】

➀他医療機関の処方薬も含めた医薬品の把握と必要な服薬管理

②健康診断の結果等の健康管理に関する相談

③保健・福祉サービスに関する相談

④診療時間外・夜間休日の対応 連絡先はこちら  ➡📞 088-654-5022

⑤必要に応じて専門医や専門医療機関へ紹介
帯状疱疹のワクチンを知っていますか
最近帯状疱疹ワクチンのコマーシャルがあることを御存じでしょうか。コロナワクチンではなく、帯状疱疹?と不思議に思っている方もいらっしゃると察します。
帯状疱疹は私たちが子供の頃にかかった水ぼうそうのウイルスが脊髄の神経節に潜伏しており、疲れなど免疫力の低下をきっかけにウイルスが再活性化し痛みと発疹を発症するものです。
若い世代にも帯状疱疹にかかる方が増加しています。この頃の子供さんは水痘ワクチンを接種するため、水痘に罹患する子供さんが減っています。そのため大人は水痘にかかった子供さんと接することがないので以前のように大人が免疫力を活性化出来る機会が減ったことも、若い世代に帯状疱疹が多い理由の一つです。
このコロナ禍で帯状疱疹にかかる方が増えている原因として、①コロナ感染による細胞性免疫の低下②コロナ禍におけるストレスの増加③生活環境や食生活の変化による免疫力の低下などが考えられています。確かに当院の外来にも帯状疱疹にかかった方が増えてきました。
帯状疱疹にかかると痛みとともに水ぶくれを伴う発疹が現れます。抗ウイルス薬の内服薬が必要です。皮膚症状が治っても痛みが残り、帯状疱疹後神経痛に移行する方もまれではありません。
帯状疱疹のワクチンには従来の水痘ワクチン(1回接種)と新しい不活化ワクチン(半年以内に2回接種)の2種類があります。費用や接種対象者にも違いがあります。補助し帯状疱疹のワクチンは任意ですが、かかれば重症化することもあるということを御理解していただきたいと思います。
ニューノーマルな日常生活をする
春になればwithコロナからafterコロナの話をと思っていましたが、どうやらコロナ感染は終息する気配はありません。しかし、いつまでも引き込んでいるわけにはいきませね。第7波が来てもしっかり押さえる体制を整えましょう。
①ワクチン接種をしましょう。どこかのコマーシャルの通りです。~自分と大切な人を守るために~
②ソーシャルディスタンスを徹底しましょう。
③メリハリをつけたマスクの着用をしましょう。周囲に人がいないところは大丈夫。熱中症には気をつけてください。
④手洗いを継続しましょう。
⑤どうしても複数で集まらねばならないときは、感染リスクを回避する工夫をしましょう。
⑥部屋は適時換気をしましょう。
⑦お出かけして、感染が気になるなら検査を受けましょう。無料PCR検査を実施しているところもあります。
⑧お子様やご自身の必要な検査や受診は、後回しにせず、感染防止対策をして受けてください。病気の発見が遅れることがあります。
たぶん、コロナ感染がなかったころのような日常にはもう戻ることはないように思われます。
私たち一人一人が、感染防止対策を日常に取り入れた“ニューノーマルな生活や働き方”を受け入れて、活動をしはじめていきましょう。